読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄毛なんてこれでOK!?

薄毛に悩んでいる人の役に立つと思います。実体験をもとにした薄毛対策進行形ブログです。

スポンサードリンク

AGAクリニック

今や、薄毛で悩みだしたらAGAの専門クリニックへ行く。ということに抵抗がないくらいAGAクリニックって浸透しているかもしれませんが、私の時はAGAクリニックとはどんなところか?という下調べの上、どこに行くべきか?という不安のなかクリニックを探した記憶があります。もう3年位前ですけども。

 

クリニックへ行く

2012年だったかな?Webで迷いまがらも調べた結果、近所の内科クリニックにてAGAの処方ができるという情報に行き当たりました。とりあえず行けばわかるさ!と勇気をもってクリニックへ行きました。

 

近所にありながらまったく知らなかった内科クリニック。少しドキドキします。待合室では、風邪のこどもや診察待ちのおばあちゃんなど、どこから見ても普通の個人病院。一見堅苦しくない雰囲気ですが、ちょっと嫌な予感が脳裏をよぎります。この雰囲気で「AGAで来院したんですけども、、、」という勇気が私にあるかどうか。ということと、誰にも知られずに進めたい私の思惑を受付の看護師さんは気づいてくれるかということ。

 

思いきって声をかける

「はじめての来院なんですが、、、」受付に申し出ます。看護師さんは笑顔で「こんにちわ。今日はどうされました?」と言うのですが、その声がでかい。ちょっとためらいます、、、。でも言わないと先に進まないので、「AGAで、、、」と言うと、これまた笑顔で問診票を手渡されました。ここまでクリアすれば、あとは呼ばれるのを待つだけですが、最後に強烈な一発を受けました。本当に強烈でした。診察室の扉を開けて看護師さんが一言「AGAでお越しの~~さん、こちらへどうぞ。」って、嫌がらせでしょうか?今思い返しても恥ずかしい気持ちになります。

 

AGA診察

やっとの思いで診察までたどり着きました。あとは医師の診断とこれからの指導によって、きっといい方向に進んでいくんだろう。と明るい未来を感じていました。

しかし開口一番、医師から言われたのは「ここは頭髪専門ではないので、クスリの処方くらいしかできませんよ。処方薬を飲めばこうなるかもってことはお伝えできますが、経過アドヴァイスが必要でしたら別のところがいいかも知れませんよ。」と。私としては「?」です。言っていることがよく分かりませんでしたが、

AGAクリニックって一言でくくっても、クスリの処方だけをするところもあれば、経過観測して施術をしたりする頭髪専門のクリニックもあるということ。どちらも登録しているのでクスリを処方はできるのですが、求める側にとって(この場合は私)どちらを選ぶかということです。2人3脚で改善していきたいということなら、頭髪専門のAGAクリニックに行くほうが良いかも知れませんね。それに見合った費用と時間が必要になりますが。

 

こんな医師とのやりとりの中、私が決めたことはクスリだけを処方してもらうということ。受付にて申請すれば待ち時間なしでもらえるということで、自分だけでやってみようと決めました。頭髪専門クリニックへ通うお金と時間もないものですから。

          f:id:Hiyotena:20150608183832j:plain

このクリニックで処方された薬は『プロペシア/1mg』。AGAの治療薬としてはメジャーです。一般的に言われている副作用は、ほとんどなく、万が一起こったとしても大したことない程度。ということ。クリニックでの処方費用(クスリ代)は7000円でおつりが出るくらいだったかな。

 

この日から自分ひとりの薄毛対策が始まりました。

スポンサーリンク