薄毛なんてこれでOK!?

薄毛に悩んでいる人の役に立つと思います。実体験をもとにした薄毛対策進行形ブログです。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の恐怖

脂漏性皮膚炎って知っていますか?


私は知りませんでした。
私の薄毛の原因はこの脂漏性皮膚炎からです。2011年、34.歳のことです。

 

脂漏性皮膚炎って?

皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮やおでこ、小鼻まわりなんかに起こりやすい症状です。よく擦れるところにも発症しやすいらしいですが、私は、下の毛もかゆかったので、それもそうなのかな?まあ、原因は皮脂の異常分泌や細菌(カビ)などで引き起こされるようです。

私の場合、とにかく、めちゃくちゃ頭がかゆかったです。かけばフケがでて、頭皮に赤いニキビみたいなものができていました。原因はよく分かりません。ストレスかも知れないし生活習慣かも知れないですが、可能性が高いのはストレスだと思っています。

 

とにかくかゆい!

皮膚が荒れているのか、とにかくかゆかった。頭皮が乾燥しているわけでもないのに、かくとフケみたいにパラパラと白いものが落ちます。始めはフケだと軽く考えていたので、やけにフケがでるなあとか思っていました。頭皮を触った感覚は、フケが固まったかのようにボコって盛り上がってるところがひとつ、ふたつ。それを取ることが快感になっていたところもありました。これは、皮脂が固まったものだと思います。

脂漏性皮膚炎の末期症状的な感じかな。髪の毛付きのこのかたまりがはがれたときは、さすがに、やばい!と感じました。

 

まずは皮膚科へ

そんな前兆があなたにもあったら、すぐに皮膚科へ行きましょう。
早めの対応が髪を救います。

皮膚科において、私の初めての処方は専用のシャンプーの試供品で様子を見るってことでした。シャンプーは『フルフルシャンプー』だったかな。薬局に売っています。そして、試供品のシャンプーを試しましたが、かゆみが治まらないため、相談し直しました。お医者さんが言うには、私の脂漏性皮膚炎は細菌によるものかも。ということで、塗り薬を処方してもらいました。処方してもらった塗り薬は、硫黄臭がすごく1日に数回患部に塗る。というもの。

ですが、あまりの硫黄臭。これを朝塗って会社に行く。ということは、さすがにできませんでした。なので、塗布は1日1回。お風呂上りに。それでも、1週間くらいしたら、かゆみが気にならなくなり(かゆくなることはあります)、徐々に改善に向かっているように感じました。

 

長い塗布期間

小さいボトルに入れられた白い液体を1日1回塗布し続けました。赤くはれている部分には特に刷り込むように。3回くらい塗り薬を処方してもらい、半年くらいでやっと落ち着いてきたように思います。そこで、塗り薬をやめました。治ったからやめました。

でも、脂漏性皮膚炎は再発します。

完全に細菌を抑え込まないと治らないようで、また、赤いはれが頭皮にひとつ、ふたつ。今度はそれほどかゆみはありませんでした。やはり、最後の最後まで皮膚科の先生に頼ったほうが賢明ということです。

ちなみに、2年くらい再発していませんが、季節の変わり目などは、ちょっと怪しいぞ!?という赤いはれがたまにあります。

 

この脂漏性皮膚炎と攻防している間に、私の髪の毛はどんどんと細くなっていき、前頭葉の部分(おでこから頭のてっぺん)は、薄くなっていきました。

スポンサーリンク